奥さんの車の運転。そして車ってすごい発明品だな…って。

車の運転。

上手い人、ヘタな人。

事故を起こしたり車をぶつけたりする人は、上手いとかヘタとかいうよりも自分の運転に過信している人ということは良く言われますよね。

運転を上手いと思っている人が事故を起こすという。

自分は運転が下手と認識している人は案外ぶつけたりしなかったり。

用心しますからね。

うちの奥さんは怖がりで運転が下手です。

免許を取得していからもう20年??くらい経つのに未だに住んでいる市内しか運転しません。

車線変更が苦手なようですね。

だから片側2車線の道路をなるべく避けるようです。

まあ別に構いません。横に乗っていると本当にこわいので。

でも車をぶつけたりこすったりといったことも意外となくて。

今は住んでいる市のとなりの市にあるショッピングモールに自分で運転して行けるようになるのが目標なようです。

車の運転は本当に気を付けたいです。

スピードの出し過ぎは自分はあまりないですが、不注意、わき見とか。

自分にも常に肝に銘じておきたいですね。

でも時々しみじみと思うのが自動車ってすごい発明だな…ということ。

人類の発明品の中でも最たるものだな…なんて。

当たり前のようにあるものとして認識していますし、外に出ればびゅんびゅん走っています。

でもなかったら、移動距離や生活圏も全然違ってきますし、モノも簡単に運べません。

あとはインターネットとかスマホも人類の発明品としてトップクラスのものだと思いますが、車も匹敵しますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です